2009/08/30

イルカ漁反対で姉妹都市停止

リンク: イルカ漁反対で姉妹都市停止.

こんな記事が先週ニュースで出てました。
初めに言っておきますが、私は正直イルカは好きです。鯨も大好き。
WWFに入って自分の基金を鯨保護に使ってくださいって選択するくらい大好き。
だけど、和歌山の地域で鯨類が食べられてきたのは厳然たる事実。史実にも出てくるしそれって文化なわけですよ。
そもそも鯨の数が減ってしまったことに対して、日本のせいだなんて欧米の人間は言ってますけど、正直、鯨の数が減ったのは日本のせいなんかじゃない。
日本は昔から食文化の一環として食べてきた。モリを打ち込んで命をかけて。捕った鯨はめぐみに感謝していただいていたわけですよ。
いただきます。ごちそうさま。
鯨の数が激減したのはアメリカのせいですよ。
彼らが大きな船で大砲みたいなものを持ち込んでガンガン撃ってガンガン鯨を殺して、油とヒゲをドレスに使うためだ。
殺して油とって捨てて。大量に殺して。
そこに「いただきます」も「ありがとうもない」。
そんな文化とか歴史に目をつぶってただ歴史があり、現在も続いている日本の漁だけを批判する。
馬鹿じゃないの??
ものすごい腹が立ちます。
それを知った上で、その事実を市民に知らせた上で、友好姉妹都市をやめるってんならそれでいいと思う。太地町の人々にとっては精神的苦痛だし、傷つくことだと思うけど、本当に気にしないでいいと思う。
そんな考えないことをいう人たちと姉妹都市なんていらないと思います。
また、その事実を市として知らない、市民に知らせないでいるとしたら、市当局サイアクです。
そもそも和歌山県太地町っていえば鯨漁の有名なところですよ。そんなところと姉妹縁組するんだから調べろよ、それで考えればいいじゃん。まったく馬鹿な話です。
こんなことでココロをいためている方が和歌山にいたら心から同情しますし、まったく気にしなくていいですよって言いたい。


2008/05/10

パンダの価値。

中国主席が日本に来て、パンダをあげるって言われて、福田さんもありがたがっていて、天皇陛下も謝意を表明されていらっしゃいましたが、正直、それってどうよっていう感じで。
パンダって、中国にとってようはビジネスなわけで、東京都はそれを借りるのかどうかっていう選択は、都側にはないのか?
「パンダ見たけりゃいる所に行けばいい」という石原知事の発言には賛同せざるを得ない。
結局のところ都の支出で賄われるのであれば、借りる借りないはもっと別次元で検討されるべきであって、数々の問題を抱える中国との外交問題をこんなことでうやむやにされたりしたくはないと思うのですが。

胡主席はピンポン外交とかパンダ外交とかして、3日間も日本で色々遊んで帰るみたいだけど、そんなことにだまされるほど日本人は馬鹿じゃないよ。というところを、きっちり見せるべきじゃないのかと。
今回あの安倍元首相が「北京五輪を前にチベットの人権状況を憂慮している。ダライ・ラマ側との対話再開は評価するが、五輪を行うことでチ ベットの人権状況が改善される結果が出ることが重要だ」と言ったらしい点についてはすごいと思った。あの弱弱しかった安倍さんがねえ。。。って感じ(笑)自分が首相だったらいえないんだろうけどね(笑)

法隆寺、唐招提寺にも行くらしい...ってチベットで僧侶とか虐殺したような国の人間に、日本の名刹なんて訪れてほしくないし。

あとちょっとムカついているのは、宮中晩餐会に平服で現れたことかも。天皇陛下がタキシードなのに。失礼じゃないか、と。例えゲストだとしても。失礼にはあたらないの?

...と、ちょっと久々に語ってみました。。。