2009/07/05

舞台な週末、その2

舞台な週末、その2
本日の舞台は山田太一原作の異人たちとの夏のリメイク?
椎名桔平、内田有紀。
かなり深くてよいお芝居でした〜。

日比谷に整然と…。

日比谷に整然と…。
宝塚劇場前に並ぶ白い服装の一団。
はう、そういえば今日は大和悠河(字、あってる?)退団最終日?!いやーちょっとみたいかも?なんて素人がなめたこといってたら怒られるかな。(^-^;
しかしききしに勝る素晴らしい統制!服装までってすごいよね。
なんかちょい懐かしいような(笑)
しかし今日は最後だから道の反対側に報道陣席が確保されてて、すごいな!
劇場側は写真みたいに整然としてるんだけど、反対側はディ●ニーランドのパレード待ちみたいにシートとか椅子持参でガヤガヤ座り込み(服装自由)みたいになってます。
きっと講演終わって出てくるのは夕方だろうに…。すごいなぁ。雨降らないといいですね。

2009/07/04

舞台な週末 その1

舞台な週末 その1
今日は地球ゴージャスの舞台@赤坂でした!
面白かった〜o(^-^)o
客演の三浦春馬くんと木村佳乃ちゃんもすごくよかったし、最高!先行予約の追加分でやっと手に入れたチケットでしたが、最後列だったのが少し残念だったけど(^-^;
楽しめましたっ!!

2008/02/20

いいお芝居です!

「存在の耐えられない軽さ」のミランクンデラの戯曲「ジャックとその主人」、串田和美プロデュースでの公演初日に行ってきました。
主演が串田和美、白井晃、内田有紀。
まあ、ほぼ串田さんと白井さんの会話で話が進んでいく形で。
お芝居の中のジャック(串田さん)とその主人(白井さん)が語る恋愛話を舞台仕立ててで、舞台の中の舞台というか劇中劇みたいな感じで、話が進んでいくんですよね。
回想と現実が入り乱れるというか、不思議な世界です。
舞台上の装置も出ている人たちが普通にもって動かしたり、着替えたりしながら場面転換していったり、冒頭で語りながら、舞台の上のものを片付けていったり。
変わった演出で、でも楽しかった。
串田さんと白井さんの掛け合いもおかしくて、楽しかったですし♪
楽日まで何度か通う予定なんですけど…まだ楽日誰か一緒に行ってくれないかなぁと思っている次第です。

ちなみに今回かなりよい席で、いわゆるご招待席ゾーンだったんで、演劇界の方々が結構いらっしゃっていたようで、ひとつ隣の席に中村勘三郎さんご夫妻がいらっしゃってました。
結構声出して笑ってたりして、楽しんでいるご様子でしたよ。

http://www.jacquesandhismaster.com/
~3/2まで吉祥寺でやってます。まだチケットあるみたいですよ♪